人のために働きたい!【大学で看護職を学ぶ】

学生

憧れる人が多い看護師

怪我・病気を抱えている人や妊産婦の診療を補助したり、世話を行うのが看護師です。病院などの医療機関だけでなく、社会福祉施設や訪問看護、看護に関する教育機関などで働きます。接することの多い職業ですから、子供のころから看護師に憧れている人もたくさんいるでしょう。

健康な生活のためには保健師が必要

地域の健康づくりには欠かせないのが保健師です。乳幼児健診を行ったり、出産した人・出産を控えている人のために母親学級を行ったりします。また、企業で健康相談や保健指導を行うこともあるでしょう。人々の健康を考えた仕事をしたいなら、保健師が向いています。

助産師は女性の味方

助産師は出産の介助だけでなく、妊産婦への保険指導や育児指導、出産後の母子のケアまで幅広い仕事をしなくてはいけません。女性の健康問題に携わることが多く、助産院を開業している人もいます。

正看護師の免許を取得しないと始まらない

正看護師の免許は看護師を目指す人だけが取ればいいというわけではありません。保健師や助産師になるにも必要になってきますから、正看護師の免許を取るのが最重要だと言えます。

看護職に関するQ&A

看護職の資格は男性でも取れるの?

男性が看護職の資格を取る場合、「准看護師」「保健師」「看護師」の資格を取ることができます。助産師の資格は男性は取ることができません。

どうやって学校を選んだらいい?

パンフレットを請求したり、オープンキャンパスに参加して候補を絞っていくといいでしょう。また、職業別で全国の学校を検索できるサイトもあるので、利用してみるといいですね。

看護師になるにはどうしたらいいですか?

看護師になるには、大学や看護師養成所などで3年以上勉強をし、看護師国家試験に合格しないといけません。中学校を卒業したあとに、5年制の学校で勉強する方法もあります。

キャリアアップは望める?

努力次第では可能です。医療が高度化したことで、専門看護師や認定看護管理者などの資格が作られました。知識や技術を磨いた後に資格取得を目指す人が増えていることから、キャリアアップに繋がる資格だということが分かります。

准看護師って何ですか?

看護師から指示を受け仕事をおこなう職業で、看護師のサポート役だと考えていいでしょう。看護師の資格が国家資格なのに対して、准看護師は都道府県が発行している免許なので国家資格ではありません。

広告募集中